食い食いブログ

食い食いブログは2chやtwitterでの食に関わる声を皆様に毎日お届けするまとめブログです。 また食に関わる芸能ニュースなども合わせて発信致しますww

    スポンサードリンク

    ニュース



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)



    1 ばーど ★

    創業60年のつまようじ屋が、つまようじになれなかった木材を再利用して、本気で非接触棒を製造。その名も「つまようじ屋の非接触棒」。価格は「コロナ(567)に負けない」という意味をこめて568円(税別)。

    エレベーターのボタンや自動販売機など、直接指で押したくない時に役立つ、便利なアイテムの誕生です。

    「つまようじ屋の非接触棒」を作ったのは、大阪で純国産の黒文字楊枝など、国産爪楊枝の製造販売を行う菊水産業株式会社。しけてしまい爪楊枝になれず、燃やすしかなくなった北海道産白樺材を再利用して生まれた、接触感染予防に役立つアイテム「つまようじ屋の非接触棒」の販売を、4月28日から自社オンラインショップで開始しました。

    インパクトのあるパッケージには、「さぁ、思う存分つつくがよい。」の一言が添えられており、笑いの街・大阪の会社らしいユニークなセリフが、見る人の笑顔を誘います。

    さらに、使用者には汚すことなく、ちゃんとエチケットを守ってほかして(捨てて)ほしいため、おかん(お母さん)のセリフのような「ちゃんとほかしや~」のセリフが入った、使用済み入れもセットになっています。 「つまようじ屋の非接触棒」の素材は、北海道産の白樺材のため、使用後は燃えるゴミとして出すことができます。

    現在、一般的な溝の入った国産つまようじ(こけし楊枝)を製造している会社は全国でも2社で、地場で製造しているのは菊水産業だけなのだとか。「これからも、昔ながらの純国産楊枝に時代のニーズを取り入れた、創意工夫のある、役に立つ製品を開発してまいりたいと考えております」 と話す菊水産業。これからも、ユニークな商品を作り続けていってほしいですね。


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    2020/04/28 13:06おたくま経済新聞
    https://article.yahoo.co.jp/detail/faec320af6fd708f441f572a94ed8050a9f558fb


    【つまようじ屋が「非接触棒」を発売! 【画像】「どんな使い勝手があるんだ?!」】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 NAMAPO ★

    新型コロナウイルス感染防止対策として、ドアノブに手を触れずにドアを開閉
    できるようにした、あるゲーム会社のK.U.F.U.(工夫)についてお伝えしたところ、
    「当店でも冷蔵庫のドアを足で開けられるようにしています」と、コンビニを
    経営する男性から編集部に情報提供があった。聞けば、厚さ3mmのアルミ板を加工
    してドアの下部に取り付けており、買い物客からも喜ばれているという。

    連絡をくださったのは、福岡県春日市のセブンイレブン春日公園前店のオーナー
    大原耕治さん。現在厚労省などが、感染防止のためにドアノブや吊り革などの
    共用部分をよく消毒するよう推奨しているが、大原さんは「正直、店の冷蔵庫は
    何回消毒しても追いつかないんです」と話す。中にはS字フックを常に持ち歩き
    それで開ける人までいるそうだ。

    このため同店では4月初旬、足を引っ掛けて開けられるよう、コの字型に加工した
    アルミ板を店内の冷蔵庫のドア8枚全てに設置。大原さんは「最初は『お行儀が
    悪い』と敬遠されるかと心配しましたが、皆さん喜んで使ってくださっています」
    と話し、「もし同様の取り組みをしたい店があれば、どんどん真似してください」
    と呼び掛ける。

    従業員のマスクをネットショップなどで確保したり、入口の業務用マットや
    買い物カゴをこまめに消毒したりと、日々、感染防止に奮闘しているという
    大原さん。飛沫感染防止のためレジに設置しているビニールカーテンも、毎日
    交換できるようカットしたごみ袋を磁石で固定しているそうだ。

    ただ、大原さんは「現場では懸命の努力を続けているが、なかなか終息が見え
    ないのはしんどいですね」とも漏らしている。


    (出典 public.potaufeu.asahi.com)


    https://maidonanews.jp/article/13315603


    【コンビニが独自の工夫 !!!【画像】「冷蔵庫のドアは足で開閉してください」】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 www.k-invest.co.jp)



    1 セントレアフレンズ(埼玉県) [ES]


    ◆営業してると通報500件、大阪 支援限定、厳しい経営事情

    新型コロナウイルス特別措置法に基づき民間施設に休業を要請している大阪府で、府のコールセンターに
    「対象の店が営業している」といった通報が20日までに500件以上寄せられたことが分かった。厳しい経営事情にもかかわらず行政の支援は限定的で、
    やむなく営業を続ける実態がある。だが府は施設名公表などさらなる対応強化を視野に入れる。

     「なぜだ」「見損なった」。大阪府吹田市のレストランは14日から営業を自粛したが、
    店が立ちゆかないと再開方針をインターネットで告知したところ、批判のメールが多数届いた。経営者の男性は「精神的に参ってしまった」と来月6日までの休業を決めた。
    https://news.livedoor.com/article/detail/18149033/


    【大阪で営業してる店を市民が通報やで~!!! 「その数500件以上や」】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    1 どどん ★

    緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大する場合でも、大手のスーパーやコンビニは原則、営業を続ける方向で検討しています。

    スーパー

    イオンとイトーヨーカ堂では総合スーパーは原則、営業を続ける方向です。

    政府や自治体の公表を踏まえて営業時間など具体的な対応を検討することにしています。

    コンビニ

    大手コンビニのセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンは原則として営業を行いますが、それぞれの店舗の状況に応じて、オーナーと相談して休業したり、
    営業時間を短縮したりする場合もあるということです。

    デパート

    三越伊勢丹ホールディングス、大丸と松坂屋を運営するJ.フロント リテイリング、高島屋、そごう・西武の大手デパート各社は政府や自治体の要請を踏まえて、
    対応を検討していくとしています。

    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200416/k10012391371000.html


    【緊急事態宣言 大手スーパー・コンビニ等は原則営業で検討の見通し!】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 シャチ ★

     新型コロナウイルスの感染拡大が生鮮食品の価格動向に影響を及ぼしている。外出の自粛要請が続き、家庭で使いやすい野菜や豚肉などは需要が増えて値上がりしている。一方、外食需要などが急減した高級食材は値下がりしている。

     東京都中央卸売市場によると、今月3~9日のハクサイの卸売価格(中心価格帯)は3月上旬に比べ2・1倍に急上昇した。暖冬で生育が早く2~3月は供給が多かったため、価格が例年に比べて低下していたが、前倒しした分だけ春先の出荷量が減少し、ここにきて上昇に転じた。ほかの野菜も、キャベツは78%、ダイコンは63%、ホウレンソウは33%値上がりした。

     精肉では、手頃な価格の豚肉の売れ行きが好調だ。東京食肉市場の3月の豚肉価格は前月比で11%上昇した。

     東京都内のスーパーによると、4月6~12日の国産の薄切り豚バラ肉は売り上げが前年同期比約2倍という。店側は「豚肉は割安かつ料理にも使いやすく、節約ニーズに対応した」とみる。

     一方で、高級食材は、外国人観光客の減少や、外食業界の営業自粛などのあおりを受けて需要が低迷している。和牛(A4ランク)の3月の価格は2月比で12%下落した。メロンの4月3~9日の価格も3月上旬比で26%も下がった。店頭価格も値下がりしており、食材の間で、価格に浮き沈みが生じている。

    読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00050130-yom-bus_all


    【野菜や豚肉が値上がり ハクサイは2倍の価格に!「たまらんわ・・・」】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ