食い食いブログ

食い食いブログは2chやtwitterでの食に関わる声を皆様に毎日お届けするまとめブログです。 また食に関わる芸能ニュースなども合わせて発信致しますww

    マナー


    知らないと恥をかく、そばの「3つの食べ方」 - 東洋経済オンライン
    N君:さあ、お待ちかね、盛りそばが来ました! 卵焼きや焼き鳥などのつまみもおいしかったので(次ページで解説)、メインのそばも期待大ですね。最初は一番粉を使ったそばです。 河岸:一番粉は、そばの実の中心の部分だね。繊細な味わいで、そば粉の中では最高級品とされ ...
    (出典:東洋経済オンライン)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    蕎麦を食べる作法的なものはあるらしいですが、あくまでも普通でいいとおもいますね~www

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/09/22(金) 04:17:09.206 ID:FsfU6pc30.net

    ネットで見るような通ぶった食い方なんかしてるやついないよな


    【蕎麦食うのにマナーやら作法やらあんのか?】の続きを読む


    注文せず水だけの客 法的に何も問題はないが、店側で対応は可能 - livedoor
    店員や店主にとっては頭痛の種だ。 ネットの掲示板では、居酒屋を経営する人から、最後の口直しとしてならともかく「最初からだとイライラします」とのコメントもあった。また、ある女性は、友人と喫茶店に入ったところ、その友人が「お金高いしお腹いっぱいだから」と何も注文しなかったことについて、「私は喫茶店に入るのなら何かし ...
    (出典:livedoor)



    (出典 runda-taberu.jp)


    ぞっと見られるのはちょっと落ち着いて食べれませんね~- -;

    【人が飯食べてるのをずっと見てくる店員wwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    基本を抑えてスマートに! 知って得する「お箸」の正しい使い方 - エキサイトニュース
    和食文化の日本では、お箸を使う機会が日常よくあります。正しいお箸の持ち方は、フォーマルな場面で必須です。恥ずかしい思いをしないためにも、正しいお箸の持ち方と作法を習得しましょう。 ここでは、お箸の正しい持ち方と美しく見える作法をいくつか紹介します。ぜひ参考にし ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 www.taberuno.com)


    箸の持ち方は結構クセがつくとなかなかなおし辛いものがありますね~www

    1 名無しさん@おーぷん :2017/08/31(木)09:45:20 ID:sLs

    どうしたらええと思う?


    【箸の持ち方がバッテンなのを直したいんやが】の続きを読む


    気をつけて!ドン引きされないための「お食事マナー」 - livedoor
    その両方の気持ちをくみ取るには、「静かにお話ができるような所が良いです」や、「サッパリとしたお料理が良いです」など、あなたの好みを伝えつつ、相手に選択の余地を与える答えがオススメ。「よし!サッパリ系だと和食かなー!」というように、お店探しに俄然ヤル気が出るはず ...
    (出典:livedoor)



    (出典 www.gurutto-iwaki.com)


    ちょっと見た目は悪い気がしますね~w

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/24(木) 12:11:40.678 ID:cXr7eEG1a.net

    よくやるんだけど


    【飯屋で食器に使用済みティッシュ入れる行為って、お店の人的には迷惑なの?】の続きを読む


    子連れで楽しめない日本の映画館 鑑賞マナーの「悪い」マレーシアから考える - ZUU online
    観客や映画館の関係者のモラルやマナーは値段に比例しているといっても過言ではないだろう。1800円支払い、パンフレットやポップコーン、ソフトドリンクを買う。1本見るだけで3000円超えてしまう日本では、映画は単なる娯楽ではない。 劇場にやってくるのは「遅かれ早かれ ...
    (出典:ZUU online)



    (出典 i.gzn.jp)


    館内に食べ物等売っていますが、基本は始まる前に食べるでしょうねwww

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/20(日) 00:42:04.614 ID:fIouFhXg0.net

    隣の奴ビール飲んどったんやけど


    【映画館って飲食物の持ち込みOKなんか?】の続きを読む

    このページのトップヘ