食い食いブログ

食い食いブログは2chやtwitterでの食に関わる声を皆様に毎日お届けするまとめブログです。 また食に関わる芸能ニュースなども合わせて発信致しますww

    スポンサードリンク

    お寿司



    (出典 i.ytimg.com)



    54 名無しさん@1周年

    >>1
    イカソースって?
    醤油でしょ


    【お寿司の正しい食べ方って、聞いたことある???【動画】】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 ichikawa.goguynet.jp)



    【「はま寿司」がワンコインのテイクアウトメニューを開始したで~w【画像】ww】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 nowkore.net)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    でぶですか?
    ちなみに結構プリシャリとか1貫ネタとか頼んで水増ししました


    【くら寿司で一人で5000円分食べることあるかな~?】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 風吹けば名無し

    人間がおいしく食うためだけに育て上げた魚のほうがうまいに決まってるだろ


    【寿司通曰く「やはり天然物には敵わない美味い!寿司はネタが命!」】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 imgcp.aacdn.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/17(火) 13:29:55 ID:tazkEYuT9.net

    目玉は、天然サーモン・ほたて・生ほっき貝を盛り付けた豪華な「北海道3貫盛り」。北海道味噌ラーメンも登場。3月18日~。

     回転寿司チェーン「スシロー」は「まるごと北海道づくし」フェアを3月18日からスタートします。
     
     北海道の贅沢食材を大集合。
     
     本フェアの目玉は、天然サーモン・ほたて・生ほっき貝を盛り付けた豪華な「北海道3貫盛り」。他、コリコリとした食感の「真つぶ貝」、佐呂間産の「藁焼きサーモン」などを用意。寿司以外にも「札幌布袋の鶏ザンギ」 「北海味噌ラーメン」など北海道をテーマにしたメニューが登場します。
     
    ・「北海道3貫盛り」300円(税抜)
     

     北海道を代表する天然サーモン、ほたて、生ほっき貝を盛り付けた一皿。ほたての上には北海道産のいくらをトッピング。なお、仕入れ状況等により、内容が変更になる場合があるそう。
     
    ・「真つぶ貝」150円(税抜)
     

     新鮮な旨みと食感を逃さないよう店内で切り付けたという真つぶ貝。甘みがあり、コリコリとした食感が特徴だそう。
     
    ・「藁焼きサーモン」100円(税抜)
     

     佐呂間産の脂乗りの良い秋鮭を使用し、藁で焼き上げたという一品。トッピングのいくらの食感と大葉の香りも楽しめます。
     
    ・「ぶりの胡麻醤油漬け」100円(税抜)
     

     オリジナルのごまダレで漬けたというぶりの胡麻醤油漬け。
     
    ・「たこの藁焼き」150円(税抜)
     

     オホーツク海や根室などで獲れた水たこを藁で焼き上げたそう。
     
    ・「生ほっき貝」300円(税抜)
     

     生ならではのしっかりとした食感を楽しめるとしています。
     
    ・「北海味噌ラーメン」330円(税抜)
     

     一杯で北海道を満喫できるとうたう北海道味噌ラーメン。北海道産の天然秋鮭から出汁を取り、豚骨や鶏ガラのスープも加えたという味噌ベースのスープ。トッピングは、いくら、コーン、素揚げしたじゃがいも(きたあかり)、蒸しほたてなど。
     
    ・「札幌布袋の鶏ザンギ」280円(税抜)
     

     北海道のソウルフードであるザンギで有名な中国料理店「布袋」監修。2種類の醤油をブレンドしており、外はカリっと、中はジューシーに仕上げたそう。
     
     他にも北海道らしいメニューを揃えています。3連休に味わってみてはどうでしょうか。

    3/17(火) 13:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000007-ascii-bus_all

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【スシロー「まるごと北海道づくし」の期間限定フェアーや~!4月5日迄】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ