食い食いブログ

食い食いブログは2chやtwitterでの食に関わる声を皆様に毎日お届けするまとめブログです。 また食に関わる芸能ニュースなども合わせて発信致しますww

    ニュース


    世界一辛い唐辛子で「雷鳴のような激しい頭痛」 注意呼びかけ - AFPBB News
    【4月10日 AFP】世界一辛い唐辛子を食べた米国人男性が「雷鳴のような激しい頭痛」に襲われた事例を研究した医師らが、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)の症例報告データベース「BMJ Case Reports」に報告を投稿し、一般市民に唐辛子を食べる際には注意するよう呼びかけた。 報告によると ...
    (出典:AFPBB News)



    (出典 ran-king.jp)


    唐辛子はダイエットや健康に良いされていますが、こういうニュースを聞くとちょっと躊躇しちゃいますね~- -;

    1 ■忍法帖【Lv=19,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2018/04/10(火)11:35:18 ID:???

    (CNN) 米ニューヨークで開かれたトウガラシの大食い大会で、世界一辛いといわれる「キャロライナ・リーパー」という
    トウガラシを食べた挑戦者の男性が、直後に激しい頭痛を訴えて病院に運ばれた。
    神経科の専門医が9日の医学誌BMJに発表した症例報告で明らかにした。

    患者は34歳の男性で、頭と首の激しい痛みを訴えて病院の集中治療室に運ばれた。
    大会でキャロライナ・リーパーを食べた直後に後頭部に激痛が走り、頸部から頭部にかけてたちまち痛みが広がったという。

    病院で検査した結果、脳出血や脳梗塞は起きていないことが判明。
    しかしCT血管造影を使って脳内の血管を調べたところ、左側の内頸(ないけい)動脈など脳につながる
    4本の血管に大きな狭窄(きょうさく)が見つかり、トウガラシが原因と思われる可逆性脳血管攣縮(れんしゅく)症候群(RCVS)
    と診断された。

    CNN 4月10日
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35117471.html

    --------
    【お知らせ】
    偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
    通報協力をお願い致します。
    --------


    【 「激辛党の皆さん、気をつけるべし~~~~!!!」】の続きを読む


    カルビー、8年連続大増収を遂げた松本会長が、退任しなければならない理由 - Business Journal
    しかし、伊藤氏を抜擢するために松本会長が勇退する、ということでもないようだ。松本会長が伊藤社長に退任の意思を告げたのは3月中旬のことだとされる。 「3月中旬の週末、栃木県内で開かれた、カルビーの社内イベント終了後のこと。松本晃・会長兼CEOは一緒に食事をしていた伊藤秀二社長に、唐突に切り出した ...
    (出典:Business Journal)



    (出典 costcotuu.com)


    期間限定ではなくずっと増量して欲しいですね〜www

    1 ノチラ ★ :2018/04/04(水) 19:53:19.75 ID:CAP_USER.net

    カルビーは4日、「ポテトチップス」など主力スナック商品について期間限定で10~25%増量すると発表した。価格は据え置く。カルビーは昨年、ジャガイモの不作が原因で一時期、ポテトチップスの販売を休止した。原料の調達が安定してきたため、販売休止後の「消費者の支持に感謝」し、実質値下げを行う。

    増量の対象はポテトチップスに加えて「堅あげポテト」や「極じゃが」「さやえんどう」など23品目。商品は今月9日以降、段階的に全国のコンビニエンスストアや量販店の店頭に並ぶ。増量期間は商品や売れ行きで異なるが、1~2カ月程度となる見通しだ。

     カルビーはジャガイモを使用した菓子の国内最大手。2016年夏、ジャガイモの主産地である北海道を襲った台風被害で原料が不足、17年4月から約2カ月間、ポテトチップスを休売する事態に見舞われた。

     ポテチに続く柱に据えているシリアル商品「フルグラ」は5日からシニアを対象にしたテレビCMの放送を開始する。CMには中高年のゴルフファンに根強い人気のプロゴルファー、中嶋常幸氏を起用する。フルグラのメインの購買客は女性や子供とされるが、健康志向を打ち出すことでシニア層を取り込む。

     フルグラ1食分には食物繊維がバナナ4本分含まれており栄養が豊富だという。また塩分が少ないため、通常の和食・洋食を食べるよりも塩分摂取量を減らす効果も期待できる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28986640U8A400C1XQH000/


    【カルビー、期間限定でポテチ25%増量するwwwwwwww】の続きを読む


    【やった!】丸亀製麺の人気メニュー「牛すき釜玉」が今年も!甘辛く焼いたお肉をたっぷりのせて - えん食べ
    丸亀製麺の各店で、毎年人気の「牛すき釜玉」が今年も登場。期間限定で販売されます(一部の店舗をのぞく)。 えん食べ編集部. 2018/03/27 11:45. シェアする. 53 · ツイートする. 116 · 共有する. 共有. 丸亀製麺「牛すき釜玉」. 丸亀製麺の人気メニューが今年も登場! 丸亀製麺の各店で、毎年人気 ...
    (出典:えん食べ)



    (出典 www.odakyu-sc.com)


    「牛すき釜玉」の復活はありがたいですね~w
    ただ期間限定ならワンコインでもいいかなとも思うのですが・・・

    1 ノチラ ★ :2018/03/29(木) 16:30:06.40 ID:CAP_USER.net


    (出典 ascii.jp)

    トリドールジャパンは4月2日から、丸亀製麺で毎年人気の「牛すき釜玉」を期間限定で販売する。 期間は4月下旬まで。価格は並が640円、大が740円、得が980円。

     甘辛い割り下で焼いた牛肉を、茹でたてでモチモチした麺と玉子とからめて熱々で食べる一品。注文を受けてから焼くやわらかい熱々の肉をたっぷりのせた。甘辛いすき焼きだれは麺との相性もよく、香りとこくがやみつきになるおいしさだという。玉子を絡めると濃いめの割り下をまろやかにし、最後までおいしく食べられるとのこと。

    http://ascii.jp/elem/000/001/654/1654704/


    【【朗報】丸亀製麺さん「牛すき釜玉」を復活させる~4月2日から】の続きを読む


    日本農業新聞 - 牛乳10年ぶり安値 特売の目玉商材 適正取引へ指針 月 ... - 日本農業新聞
    牛乳の小売価格が低迷している。総務省の調査によると、東京地区の2月の1リットル紙パック価格は208円で、10年ぶりの安値を記録した。食品全般の仕入れ値が上昇する中で、集客を狙ったスーパーが消費者の購入頻度が高い牛乳を特売の商材にしているためだ。農水省は安売りの是正に動き、適正取引に向け ...
    (出典:日本農業新聞)



    (出典 lh3.googleusercontent.com)


    牛乳も高くても質の良い美味しい商品であれば消費者も買ってくれるのではないでしょうか・・・

    1 名無し募集中。。。 :2018/03/26(月) 09:24:58.67 0.net

     牛乳の小売価格が低迷している。総務省の調査によると、東京地区の2月の1リットル紙パック価格は208円で、10年ぶりの安値を記録した。

    食品全般の仕入れ値が上昇する中で、集客を狙ったスーパーが消費者の購入頻度が高い牛乳を特売の商材にしているためだ。

    農水省は安売りの是正に動き、適正取引に向けたガイドラインを月内にまとめる方向だ。(鈴木薫子)

    総務省の小売物価統計調査によると、東京地区の2月の牛乳価格は前年同月比6・7%(15円)安の208円だった。220円台が居どころだったが、昨秋から下落が進んだ。税別換算で見ると、2008年3月以来の低価格となった。

    乳業関係者は「販売量が多い大手スーパーも値下げを強化しており、全国的に広まっている」と話す。

    不当廉売の防止に向け農水省は現在、牛乳・乳製品の取引実態把握を急ぐ。乳業メーカーや小売業者らに聞き取りやアンケートを実施。

    その結果を基に適正取引のガイドラインを早ければ、今週前半にまとめる予定だ。同省が食品製造業でガイドラインを示すのは、豆腐と油揚げについて2例目となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010001-agrinews-bus_all


    【スーパーVS農水省~牛乳の価格争そい!】の続きを読む


    生や半生のジビエ食べたら6カ月は献血しないで!赤十字が注意を ... - おたくま経済新聞
    野生の鳥獣たちを捕獲して食用とするジビエ。シカやイノシシなどが人気で、害獣駆除と食肉利用の一石二鳥の効果がある一方、思わぬ危険もあるようです。
    (出典:おたくま経済新聞)



    (出典 bullsailor.top)


    ジビエ肉も各地で消費拡大に乗り上げてますね~w
    兵庫県では17箇所をモデル地区にして展望をはかっています。

    1 DQN ★ :2018/03/21(水) 09:14:36.88 ID:CAP_USER9.net

     野生の鳥獣たちを捕獲して食用とするジビエ。シカやイノシシなどが人気で、害獣駆除と食肉利用の一石二鳥の効果がある一方、思わぬ危険もあるようです。

    (出典 otakei.otakuma.net)



    (出典 otakei.otakuma.net)


     平成30年1月31日に開催された平成29年度第5回薬事・食品衛生審議会薬事分科会血液事業部会運営委員会において、輸血により、患者さんがE型肝炎ウイルス(以下HEV)に感染した事例が報告されました。2月1日に報道された内容によると、多発性骨髄腫の治療を受けていた80代の女性が輸血由来の血液製剤を通じてE型肝炎ウイルスに感染し、約100日後に劇症肝炎を発症して死亡したケースが報告されたという事です。この事例では、献血の2か月前にシカの生肉を食べた供血者がHEV感染に気が付かないまま献血に行ってしまい、血液中にHEVがある状態にもかかわらず検査をすり抜けて血液製剤化され使われてしまった結果のようです。

     献血された血液は誰がいつ献血したものかを明確にしており、血液製剤も誰の血液から造られているか一つ一つ把握できるようになってます。これまで、HEVの検査は感染率の高い北海道地区でのみ献血時の検査に組み込まれていましたが他の地域での感染者によるこうした事故は発生していなかった為、献血時の検査に含まれていませんでした。

     これを受けて、日本赤十字社は2018年3月9日付けで「E型肝炎ウイルスに対する安全対策へのご協力のお願いについて」という発表を出し、HEVに感染するリスクのある*、イノシシ、シカの肉や内臓を生又は生焼けで食べた人は、狩猟解体や食べた時点から6カ月間は献血をしないよう呼び掛けており各血液センター・献血ルームにもポスターなどの掲示で呼びかけています。

     HEVは野生の獣肉に多く、しっかり加熱すればウイルスが死滅するので特に問題はないのですが加熱が不十分な場合は獣肉の血液内にウイルスが死滅せず残ってしまう為食べた人はHEVの保菌者、または感染者となります。

    ■E型肝炎(HEV)って怖い?

     肝炎ウイルスにはたくさんの種類がありますが、特にA、B、C、E型がよく知られています(ちなみにD型はB型がいないと増殖できない不完全なウイルスと言われており悪さをした試しがないため無視されています)。このうちAとEは感染しても約半年で感染している期間が終わる上、A型に至っては非常に一過性で劇症化もありますが、症状が出ても対症療法で治ります。

     よく問題視されているB型とC型ですが、一度感染するとウイルスが残り持続的な感染状態となってしまい肝硬変や肝臓がんなどの原因となる為、インターフェロンによる治療などが必要となります。この2つは主に血液や体液などからの感染が主なルートとなります。ちなみにワクチンがあるのは現在A型とB型。B型肝炎は未然に防ぐ事ができる為ワクチンの接種が推奨されており乳児の標準接種スケジュールにも組み込まれています。

     今回問題視されているE型は、A型とともに汚染された水や食品などによる経口感染が主な感染ルート。ジビエの生食で感染が成立してしまう事から今回の血液製剤による劇症肝炎の発生に繋がったといえます。ジビエの解体時などに獣肉の血液などが口や粘膜内に飛んで感染する事も。付着したHEVが増殖し発症するまでの間(潜伏期間)は約6週間と言われており、悪心、食欲不振、腹痛等の消化器症状を伴う急性肝炎となります。症状としては、褐色尿 を伴った強い黄疸が急激に出現し、これが12~15日間続いた後、通常発症から1カ月を経て完治という経過。対症療法で治まってしまうのが多いのですが、怖いのが、免疫力や体力が低下している場合の感染。劇症化に繋がり急激な激しい症状は時に命にかかわる事も。高齢者や妊婦の死亡率が高い事も知られています。

     こうした事を防ぐため、今回、日本赤十字社は野生の獣肉を生や半生で食べた場合の献血は最低6か月はしないよう呼びかける事となりました。現在、日本赤十字社では北海道で行われているHEVの検査を全国的に行うように対策を進めています。

     しっかり加熱処理していれば野生の獣肉も特に怖くはないのですが、ジビエがブームになっている今、野生の獣肉の扱いには特に気を付けていってもらいたいと思います。

    おたくま経済新聞:http://otakei.otakuma.net/archives/2018032006.html


    【【注意!】ジビエ肉&生肉を食べる方「ちょっと聞いてね」】の続きを読む

    このページのトップヘ