食い食いブログ

食い食いブログは2chやtwitterでの食に関わる声を皆様に毎日お届けするまとめブログです。 また食に関わる芸能ニュースなども合わせて発信致しますww

    スポンサードリンク

    ニュース



    1 スペル魔 ★

     日本マクドナルドは本日(2月7日)10時30分から、「マックフライポテト」のM・Lサイズの販売を再開する。単品、セットだけでなく、夜マックの「ポテナゲ大」「ポテナゲ特大」、デリバリーのセット商品も復活する。


     北米からのポテトの輸入遅延により、1月9日から1カ月をめどとして一時的にSサイズのみの販売としていた。船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模な水害、コロナ禍による世界的な物流網混乱の影響を受けたためとしている。さらにバンクーバー港における貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候など不測の事態が重なり、1月上旬から中旬にかけて予定していた船便の到着にさらなる遅れが生じていた。

     こうした事態を受けて、するほか、継続的にマックフライポテトを提供するため、Sサイズのみの販売としていた。

     当面の在庫を十分に確保しつつ、継続的にマックフライポテトを提供するためにM・Lサイズの販売を制限したこと、新たな流通経路を確保したことで、通常販売が可能になるめどが立ったという。

    https://www.bcnretail.com/market/detail/20220207_265373.html
    https://d1nzh4uot4722i.cloudfront.net/files/rcms_conv_webp/files/user_img/401/202202041728_2_1644008468.webp


    【マックフライポテト M・Lサイズ復活!販売再開だよ~】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 www.foodrink.co.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/12/16(水) 06:48:17.44 ID:zaC84yzF9.net

    ※テレ朝ニュース

    東京都の飲食店への営業時短要請についても、新たな動きがありました。

     期限を17日までとしていた東京都の小池百合子知事は、「改めて、それ(17日)以降、12月18日の午前0時以降、朝5時から夜10時までの営業時間の短縮をお願い申し上げます。期間は来年の1月11日24時までの25日間と致します。そして、今回の要請に全面的にご協力頂きます中小事業者に対して、一律100万円を協力金として支給を致します」と会見で述べました。

     東京都はこれにより、来月11日まで午後10時までの営業時短要請を延長することを決めました。

    ■居酒屋も「一番忙しいかき入れ時をつぶされたのは辛い」

     居酒屋ではやはり、今回の延長はさすがに厳しいという声が上がっています。

     東京・新橋にある「まごころいし井」の石井英行代表は、「繁忙期、12月の一番忙しいかき入れ時をつぶされたのは辛いのと、元々は17日、今週木曜日で終わって、18日から最後の忘年会取れるかなと期待していたんですね。それが時短が延長になると、全く見込めなくなるので。厳しいと言えば相当厳しいですね」と話します。

     一年の間で最も売り上げるという12月。
     例年ならば一日20万円の売り上げのところ、今年は一日わずか3万円にとどまっています。

     新橋ではこうした影響で、すでに近隣の店が続々と閉店しているといいます。
     そのうえ、新年会もあてにできなくなり、不安は募るばかりです。

     石井代表は、「新橋自体に人がいないので、無理してそれ(時短要請)を突っぱねて、22時以降まで開けたとしても、お客さんがほとんどいない。いくらかでも協力金を頂かないと、やりくりできないのが素直なところ」とも話します。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000201324.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    ★1 2020/12/15(火) 14:49:42.35
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608011382/


    【【絶望】東京~忘年会も見込めず「飲食店は洒落にならんわ!!!」】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 www.nagoyatv.com)



    1 BFU ★

     新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する政府の事業「Go To イート」のプレミアム付き食事券の販売が5日午前、新潟県内で始まった。

    全国で最も早い発売で、新潟市中央区の新潟日報メディアシップでは販売前から約30人が列をつくった。購入者は「お得に楽しみたい」と笑顔を見せた。

     食事券は1万円で1冊1万2500円分(500円券25枚つづり)。購入は1人1回につき2冊まで。期間中の購入数に限度はなく、来年1月末まで販売する。

     メディアシップで午前9時すぎから並んだ同区の男性会社員(52)は「外食が多いので助かる。この機会に新たな店を開拓したいし、普段よりランクアップした店にも行ってみたい」と話した。

     利用は、事業に参加する県内の居酒屋や料理店などで3月末まで使用できる。これまでに約550店が登録され、約1800店を超える申請があり、参加店は今後増えていく。


    https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201005572316.html

    「Go To イート」の食事券を販売する特設会場=5日、新潟市中央区の新潟日報メディアシップ19階

    (出典 i.imgur.com)


    【【食券ビジネスがヤバイ!】転売屋が飲食店主とグルになり 100万円分チケット買って国から25万円● ● ●するのが 一番得じゃね?w】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    【【画像あり】藤井聡太君の昼飯が850円なりwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む
    スポンサードリンク



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)



    1 ばーど ★

    創業60年のつまようじ屋が、つまようじになれなかった木材を再利用して、本気で非接触棒を製造。その名も「つまようじ屋の非接触棒」。価格は「コロナ(567)に負けない」という意味をこめて568円(税別)。

    エレベーターのボタンや自動販売機など、直接指で押したくない時に役立つ、便利なアイテムの誕生です。

    「つまようじ屋の非接触棒」を作ったのは、大阪で純国産の黒文字楊枝など、国産爪楊枝の製造販売を行う菊水産業株式会社。しけてしまい爪楊枝になれず、燃やすしかなくなった北海道産白樺材を再利用して生まれた、接触感染予防に役立つアイテム「つまようじ屋の非接触棒」の販売を、4月28日から自社オンラインショップで開始しました。

    インパクトのあるパッケージには、「さぁ、思う存分つつくがよい。」の一言が添えられており、笑いの街・大阪の会社らしいユニークなセリフが、見る人の笑顔を誘います。

    さらに、使用者には汚すことなく、ちゃんとエチケットを守ってほかして(捨てて)ほしいため、おかん(お母さん)のセリフのような「ちゃんとほかしや~」のセリフが入った、使用済み入れもセットになっています。 「つまようじ屋の非接触棒」の素材は、北海道産の白樺材のため、使用後は燃えるゴミとして出すことができます。

    現在、一般的な溝の入った国産つまようじ(こけし楊枝)を製造している会社は全国でも2社で、地場で製造しているのは菊水産業だけなのだとか。「これからも、昔ながらの純国産楊枝に時代のニーズを取り入れた、創意工夫のある、役に立つ製品を開発してまいりたいと考えております」 と話す菊水産業。これからも、ユニークな商品を作り続けていってほしいですね。


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    2020/04/28 13:06おたくま経済新聞
    https://article.yahoo.co.jp/detail/faec320af6fd708f441f572a94ed8050a9f558fb


    【つまようじ屋が「非接触棒」を発売! 【画像】「どんな使い勝手があるんだ?!」】の続きを読む
    スポンサードリンク

    このページのトップヘ